逃避文

2009/11/26

 なんといいますか、微妙に忙しくてね……ほら師走って申しますでしょう。

 まだ12月じゃないし、かつ俺は別に師でもなんでもないんですけど、むしろここ最近とんと走ってすらいないんですけれども、なんかXBOXのレッドリング(故障ランプ)が点灯したりといろいろありました。

 まったくこの忙しいときにのうのうと赤く光ってるんじゃないよ!と思いながら、XBOXの外箱に本体入れて、そのままぶら下げて深夜のコンビニ行って修理センター宛てに宅急便ですよ。
 ちなみに「たっきゅうべん」と読むと、ものすごい勢いで糞便を送りつけるイメージがあっていやだな、と思いました。
 あと、昔あった「メタルK」というジャンプ漫画には「硫酸鞭(りゅうさんべん)」という技があり、これがもし「硫酸便」だったなら肛門が切ないことになっていたと思います。俺たちの便が硫酸じゃなくて本当によかったと思います。

 それはともかく、宅急便の品名欄に「ゲーム機」って書き込みながら心中「そんなの外箱で見りゃわかるっつーの」と自身へつっこみを入れていると、店員のおばさんが「ワレモノにもチェック入れておきますね」と気を利かせてくれて、たいそう感激しました。
 ここまで人に気を使われたのは……なんだろう、かれこれ10年前に上京して以来じゃなかろうか。
 ナイスな店員のおばちゃんに感謝の念を送りながら、いや、この心遣いはもはや単なるおばちゃんというよりは俺の母親だな、と思い、ひそかに心の中で「ありがとうママン」と呼びかけながらコンビニの自動ドアを出て、背後のレジから「ありがとうございました」の声、すなわちママン的には「いってらっしゃい。ハンカチ持った?」であるわけで、息子的には「もう、子ども扱いしないでよう。いってきまーす」と元気よく叫ぶべきだったのですが、コンビニを出た深夜の路地のあまりの薄ら寒さに閉口。
 なんだこれ、寒すぎる。むしろ冬すぎる。

 世間はこんなにも冬なのに――これだけ寒いというのに――なぜ俺は未だに部屋の中で暖房器具もつけずパンツ一丁なのだろうか、というのが今日のテーマです。
 まるまる一晩かけて語り、議論すべき命題です。

 ただ、結論というか答えを先に申しますと、俺はパンツ一丁が好きだからです。
 英語ではパンチャー、ドイツ語でいうところのパンツァーというやつです。
 夏場はともかく、冬場もパンツ一丁でいる人のことを特に「ハードパンチャー」と称し世界中の人々の賞賛を集めており、具体的には一人あたま5セントぐらいもらうことができればいいと心から思うのですが、残念ながらそうはならず、世間では単純に「だらしない人」という認識が一般的のようです。まったくそのとおりなので反論の余地はありません。
 俺は今、とてもだらしない。

 冷静に考えると信じがたい状況です。
 幼い頃、自分はきっと大きくなったら、なんかこう高級な生き物の毛を用いたガウンを着用しながら片手にワイングラス、片手にシャム猫、背後に高級娼婦、頭上にはプロペラみてえな回転するシャレたオブジェという万全の姿勢で、超高層マンションの一室にて摩天楼を見下ろしながら優雅きわまりない夜を過ごすものとばかり思っていたのですが、パンツ一丁のこれが現実なのだとは、あまりにもしょっぱすぎてにわかに認めがたいものがあります。


 なんでこんなことをぐだぐだ書いてるのかというと、要するに逃避です。冬に出す同人誌原稿執筆からの。
 来週あたりにはきちんと告知できると思います。
 twitterとかでさんざんぼやいてるので書いちゃうと、今度のテーマは「サイバーパンク」です。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/349-270ff7ca
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY