映画のことほか

2010/01/22

 映画の話ですが、ちょっと前に今世紀最高のマダム映画と名高い「母なる証明」を観てきましたよ。
 息子の冤罪をはらすため、母親が奮闘するミステリもの……と聞いていたのですが、なぜか主役のマダムが野っ原で一人激しく踊り狂うという意味不明のシーンから始まり、思わず「どうしよう」という気分になったのですが、終わってみれば非の打ち所のない大傑作でした。
 母ちゃんが警察署の人に栄養ドリンクを配ったりとか、記憶障害の息子が立小便しているときに薬を飲ませたりとか、日常の描写が異常に生々しくて重い気分になりましたが……。


 あと「アバター」観てきました。
 むろん3Dで。アメリカ人のように「ワーオ!」などと激しくのけぞりながら観てきました。
 箇条書きで思ったことを。

●パワードスーツ的なアレが超かっこいい
 思ったよりメカメカしいものがたくさん出てきて非常に楽しかったです。

●パイロットのお姉ちゃん
 あの人は文句なくEROい。

●リンク強制切断用のスイッチ
 アバターとリンクするためのポッドの横に、リンクを強制的に切断するボタンがあるのですが、このボタンがまるで早押しクイズのボタンのようにえらく押しやすそうな形状なのが印象的でした。
 あれ絶対うっかりぶつかったりしただけで押されますよ。
 実際、かなりの勢いでばんばん押されてました。

●ナヴィのヒロイン
 主人公ジェイクさんはナヴィという原住民族の内部に任務のために潜入するのですが、うっかりナヴィの娘と恋に落ちてしまうわけですよ。
 なんかこう、さすがに異種族なんで「いやいや、これはねえだろ」と思いました。
 思いました。
 思っていたのですが……不思議なもので、物語も最後のほうになると「これはこれで……悪くない」と思っている自分を発見したのでした。
 ナヴィの娘で、抜けるのか?

 抜ける。
 抜けますよ。


 そう雄々しく告げる内なる声が聞こえたのでした。二回ほど。

 それはともかくとして、大満足の映画でした。もう普通にCGなのか本物なのか見分けがつかないのう、技術の発展はすごいのう……と思いつつ、惑星パンドラの大自然の厳しさ・美しさに酔いしれました。
 俺もナヴィ族になりてえと思いました。
 そして自然と調和しながら生きていきたい。
……いや、嘘です。やっぱり人類側に回ってミサイルとか大量に打ち込んで森を焼き尽くしたりパワードスーツで大暴れするほうが楽しそうだと思いました。



 話変わって、読んだ本のこと。
 ガガガ文庫の「武林クロスロード」を読み、その過激さ、というかやりたい放題ぶりに感銘を受けました。
 がっつり腹筋の割れた女拳士たちが活躍する痛快武侠小説なのですが、とにかくバイオレンス→エロス→バイオレンス→エロス→バイオレンス……というめくるめく世界が病みつきになリます。
 エロスというのも常々俺が親しんでいる微EROとか寸止めなどではなく「ガチERO」……それもほとんどがERO拷問という徹底ぶり。
 物語で出てくるほとんどの建物にはなぜかたまたま拷問室が完備されており、捕らえた敵の武侠から情報を聞きだそうにも並大抵の苦痛には屈しないため、それではERO拷問を実施せざるを得ないというわけであり、その美しい流れに感動すらおぼえるほどです。
 出てくるキャラクターは女性ばっかりで、女性同士のまぐわりんぐ的なアレがダイナミックに繰り広げられるわけですが、恐るべきことに当然のようにみんな男根ついてます(特殊な薬で生える擬似男根)
 むしろ「生えてない」女性のほうが少数派であり、武林ワールドはまさに性の超空間です。男とか女とか……生えてる生えてないとかどうでもいいじゃないか……とにかくEROければいいじゃないか!

 気功とか発勁とかを駆使して闘う描写は読んでて楽しいです。
 外功を鍛えているので鎧が不要=裸同然のERO衣装でOK、という隙のない理論にも納得せざるを得ません。
 もっともらしく母乳を出す気功とかが出てくる件については、もう爽やかなまでに「ただ母乳プレイやりたいだけですよね!」という話なのですが、とにかくEROいのですべてが許容されます。
 話が急展開した4巻で一部完となっており、二部開始が待たれるところです。

 ちょっと前に縁あって作者の深見真氏にお会いしたのですが、およそ50ページに1回は拷問シーンを書くようなハードコア作家とは思えぬ、温和で折り目正しいお方でした。もしかしたら懐にギャグボールの一つも隠し持っておられたかもしれませんが……。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/358-e982abf2
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY