アルトネリコさん#2

2010/03/16

 「脱がし上手は戦闘上手!」

 などという狂った文言が踊るチュートリアルでおなじみのアルトネリコ3ですが、とうとう噂のフィンネルさん脱糞イベントに遭遇。
 すげえ……。
 マジだ。
 マジでDPですよ……すなわちMDPですよ。

 「だってこれ、精神世界だから」というエクスキューズを狡猾に最大限利用したコスモスフィアイベントは、家庭用ゲーム機におけるめくるめく桃源郷といっても過言ではありません。
 あと、コスモスフィア内でここぞとばかりに変態性を発揮させられる医者先生(光五条)にも涙を禁じ得ません。
 こんな人格者、アルトネリコシリーズ通してもなかなかいませんよ。
 それなのに、あまりに扱いがひどすぎやしねえか。
……と気の毒に思っていたのですが、超必殺技を使ったところなぜか褌一丁になる生粋のどっきりドクターであることが判明。

 それどころか主人公のアオトさえも、超必殺技を使うとすごい勢いでパンツ一丁になるのでした。
 あまつさえそれでトドメをさすとリザルト画面でとてつもなく爽やかな笑みを浮かべるのでした。パンツ一丁で。

 その後の会話イベントで仲間が「貴公はなぜ脱いだのか」と問うたところ、アオトからは以下のような回答が返ってきました。

「あー、あれは熱くなっちまったんだよ」

 熱くなった。
 それが――ただそれだけが理由なのでした。
 それを聞いたフィンネルは、ただうなずき、納得するのでした。
 男が服を脱ぐのに深い理由はいらない。
 つまりは、そういうことなのでしょう。

 また、同様の問いに対し、アルトネリコ界きってのアブノーマル医師としての地位を不動のものとした光五条先生は照れ笑いを浮かべながら次のように語りました。

「必殺技というのはね、体が熱くなるものらしい。もうとにかく脱がずにはいられなくなったんだ」

 そんなわけでアルトネリコ3の戦闘は、男女問わず白熱すればするほどメンバーがなんのかの理由をつけて服を脱いでいくという限りなくラテンきわまりないシステムを搭載しており、終始生ぬるい性の衝動に悩まされながらプレイすることが可能です。これは楽しい。


 今現在、懐かしの妹キャラが登場したあたりまで進めました。
 まだまだ先は長そうです。

 ところでシリーズ恒例のダイキリティ挿入イベントはないのでしょうか。
 ダイキリティというのは、レーヴァテイルの延命に必要なクリスタルのことでして、ていの良いオブラートに包んでいますが誰がどう考えてもぶっちゃけ陰茎と同義であり、ヒロインの命を救うためなんだから仕方ないよねという免罪符を得つつ「あっ…痛いよ…」「やさしく入れて…」などといった最大限のEROを享受できるというすばらしいものです。

 あと今作から追加されたシステムとして「詩魔法のプログラム」があります。
 簡単にいえば高度な魔法をプログラムするためには服を脱いでもらう必要があるという、またしてもやむを得ない事情が複雑に交錯した至高のシステムです。
 仕方なく我らが主人公アオトは、ヒロインにプレゼントを贈って「なあ、頼むよ……もう一枚だけ……な、な? ええやろ……ええやろ、なあ……」という感じで必死に拝み倒して服を脱いでいただくのでした。
 とりあえず手持ちのアイテムが「生肉」しかなかったのでそれを大量に与えたところ、それでも律儀に肉を食い、さらに脱いでくれました。
 ほんと、ええ娘が揃っとりまっせえ……アルトネリコ3の世界には……。



【おまけ】
 その昔randam_butterで発行したキミキス本(絶版)の一部をペーパーとして公開いたしましたー。
「最近のペーパー」からどうぞ。
 次の夏コミまで更新が途絶えてしまうのもなんなので、定期的になにか催していきたいですのう。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/364-91535e2b
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY