ああああ

2010/07/07

 ブログを更新するときに一番困るのがエントリのタイトルなんですよな。
 別になんでもないことをつらっと書こう、というときにわざわざタイトルを付けるというのは非常に困難な作業です。
 なので、昔のファミコンRPGにおける適当な名前っぽいタイトルにしました。
 ウィザードリィだと金だけ集めて即刻削除される感じ。

 そこでFC2ブログには、ぜひタイトル自動生成機能を実装してもらいたい。
 トゥディ駅ホームでマブいチャンネーをシーイングした等、死ぬほどどうでもいい内容なのにタイトルが「生と死。その狭間にいる私という存在」みたいな小難しいタイトルが勝手についてほしい。


 最近はtorneで録画したしょーもない映画を延々と観ています。
 ついさっきセガール映画「DAKKAN~アルカトラズ~」を視聴し、いっそ爽やかなまでに後に何も残らないセガールタイムを過ごしました。
 冒頭、セガールが味方のFBIに撃たれて心停止するというのが物語最大の山場であり、それ以降は例によって特に苦戦することもなく淡々とテロリストを殲滅していました。
 アルカトラズに収監されている凶悪犯の面々がセガールに銃器を渡され調子にのってテロリストと銃撃戦を繰り広げる様子が楽しかったです。実にアホでした。
 凶悪犯の中に驚くほど機関銃が似合うデブ黒人がいて、そいつがものすごい楽しそうでした。目立ちすぎたのか、一人だけ撃たれて死にましたが。
 それにしてもアルカトラズの武器庫の充実ぶりは異常でした。
 今作におけるセガールの口癖ふうに言うと超異常。
 あと、将来俺が密輸シンジゲートのボスになったら、うっかりセガールを仲間にしないよう注意したいです。


 そのようにしてこれからもっと知性が下がるような映画ばかりを録画して視聴していく所存。あえてDVDを借りたりはせず、あくまでなんとなくテレビで放送しているものをメインに。

 もちろん七夕の「プレデター」は録画予約しました。
 ところでプレデターのDVD映像特典のメイキングは、プレデターに出てきた脇役の人々が「シュワさんがどれだけ気取らなくて良い奴だったか」を延々語りまくるだけというエポッキーな内容でした。


 夏コミ新刊同人誌の作業も大詰め。
 近いうちに詳細をお知らせできるかと……思います。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/372-0b7f337f
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY