アニサマ行ってきたよ

2010/08/30

 アニメロサマーライブ2010の2日目だけ行ってきました。
 カラオケなどに行けば人様が歌うたびに盛り上げのためのコールで内出血を起こすほど手拍子を放つ俺ですので、それはもう楽しみでした。

 聞けばなにやら当日はシークレットゲストが出るというので、それがまた楽しみでもあり。
 1日目は、なんと田村直美が現れて「ゆずれない願い」(レイアースのアレ)を激唱して去っていったといいます。
 それでは2日目はどうなってしまうというのか……。


【アニサマ2010・2日目のシークレット予想】

 ●シークレットゲストは小室哲哉を含むTM NETWORK(一夜だけ復活)
  おもむろに「Get Wild」と「RUNNING TO HORIZON」を歌い、
  「もっこりは不滅です!」などと言いながら去っていく
  会場は空前の「もっこり」コールに包まれる

 ●シークレットゲストは林原めぐみ
  奥井雅美とともに「Get along 」「KUJIKENAIKARA!」などを歌唱
  極めつけに「Tokyo Boogie Night」を歌い、
  早口言葉などを披露しながら去っていく
  俺は2F席からアリーナへなだれ込む

 ●さらに古本新乃輔が登場し、めぐ姉と
  真の「WHAT'S UP GUYS?」をデュエット
  観客は失禁しアリーナ席に尿の滝が降り注ぐ
  そして会場が
 「ちゃぱらすかーッ」
 「WOOOO!!」

  コールに包まれる

 ●シークレットゲストは横山智佐
  なぜか「男と女はパピプペポ」を歌ったり、
  会場の片隅であかほりさとるが微笑む
  俺は入院中のスーパーログに電話し
 「おまえさん、新しいサウンドを探してるって言ってたろ?
  ちょっとこれを聴いてみな!」
と言いながら
  ステージに受話器を向ける
  スーパーログは後年、ロックンロールの祖となる

 ●シークレットゲストはいんぐりもんぐり (INGRY MONGRY)
  観客があっけにとられる中「ぶぁいYaiYai」を歌唱し、
  俺の意識が虚ろになる

 ●さらに続けざま田中義剛が登場し「茶魔さま」を熱唱
  スーパーアリーナが水を打ったように静まり返り、
  俺の意識が遠くなる
  ステージでは田中義剛の牧場ネタMCが続いている

 ●とどめとばかりにM・C・ハマーが天から降り立ち、
  当然のように「GO! GO! ハマちゃま」を歌い出し
  アリーナ(の一部)は熱狂のるつぼに包まれる
  途中、喉を潤すときにコーラを飲んでしまい
  やたらメロウな歌声になるというアクシデントが
  発生するが、観客が差し出したペプシを飲み事無きを得る
 (参考

 で、終わってみればわりと予想が的中しておりましたよ。
 Get Wildは歌われたし、林原嬢は出ませんでしたが「Northern lights」が歌われました。
 しかしGet Wildは本当に驚いた。ショック状態になるほど興奮しました。

 そのあと「権利の関係で出ないんじゃないか」と思われていたサイキックラバー「侍戦隊シンケンジャー」などもあり、あっぱれなほど盛り上がりました。
 余談ですが、今までシンケンジャーの歌詞の以下の部分を

 「レッツ武士道 勝負しよう」
   ↓
 「目潰しどう? 勝負しよう」

 と空耳で勘違いしており、すなわち相手に目潰しをかけて「どう?」と効果を確かめたのちに、おもむろに「勝負しよう!」と襲いかかるという超卑劣な戦隊に。猛省したい。

 いやーおもしろかった。
 正直、知らない曲も多かったのですが、よくわからないなりにまわりの人々に合わせて跳んだり跳ねたりし、狂ったようにサイリウムを振り回してきました。
 あと、話に聞いていたとおり田村ゆかり姫の王国民の力は凄まじいものでした。
 あまりに訓練されすぎている。
 スパルタ兵かと思いました。

 なにもかもが初めてづくしだったのですが、この歳になるまででっかいコンサートの類にも行ったことがなかったので、とにかく会場のさいたまスーパーアリーナの巨大さに圧倒されました。
 でけえ!
 2万7千人を収容できるとかで、それだけの人々にホットドッグを売りつけたらどれだけのマネーになるのであろう……そんなことを延々と考えておりました。
 しかし楽しかった。
 また行きたいものです。


【お知らせ】
 夏コミで出したビッチ同人誌「matter girl ruins」がCOMIC ZINさんにて通販受付始まりました。
……さっそく注文不可状態になってますが、やがて復活すると思います(たぶん)ので、よろしくお願いいたします。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/376-6f0c1b9c
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY