最近のアニメ(まどかマギカとRio)

2011/01/30

 最近観ているアニメのこと。
 ネタばれを絶賛含みます。

魔法少女まどか☆マギカ
 これは、ずっと楽しみにしていたアニメです。
 なぜかいつまでたっても発売されないXBOX360版のPhantomと同じぐらい楽しみにしていました。
 そして例によって例の3話目できっちりトラウマを植え付けれられました。
 あの虚淵玄の旦那が脚本をやっているということで、ある程度の心構えがあったはずなのに……ひどい……ひどいよ。
 おそらく唯一の巨乳キャラであったであろう彼女をこうもあっさり、しかもこれ以上なく残虐に……。

 そういうわけで今後とも目が離せやしない。
 4話の時点で未だに主人公のまどかが魔法少女になっていないという重厚すぎる展開。
 常日頃から「あー魔法使いになりてえな」とつぶやきながら生きている俺ですが、このアニメを観てからというもの、もはや気軽に魔法少女になりたいなどとは口に出せなくなりました。そもそも三十路を超えた男が口に出して良い言葉ではありませんが。

 あと見た目の可愛さとは裏腹に「黒い」であろうことが予想されているキュゥべえ(魔法少女につきもののマスコット的小動物)ですが、どうなんだろう。なんか、そんなに悪いやつでもないような……いや、しかし……。
 放映開始当初、キュゥべえが口を一切動かさず念話で会話するのは、きっと口腔内に凶悪な牙がびっしりと生えているからだと思っていたのですが……。

【この前考えた、今後キュゥべえが言いそうなセリフ予想】
「ま、しかたないよネ。もう契約しちゃったんだから」
「あれ、言ってなかった? 魔法少女は辞められないんだヨ」
「あーあ、意外と長持ちしなかったなあ。また次の女の子を探さないと」


 4話の展開が限りなく喪黒福造的な感じのアレを想起させるのが気のせいだと思いたい。
 俺は愛の戦士こと虚淵玄氏を応援するとともに信じています。心から。


Rio Rainbow Gate!
 いや、これも素晴らしいアニメですよ。
 なにが素晴らしいって、およそ15秒に1回ぐらいの割合(※)でおっぱいやらケツやらが出てくるんですよ。

  ※個人的な統計によるものです

 どこか遠くの島にある総合レジャー施設「ハワードリゾート」で働く美少女ディーラー・リオが、毎週あの手この手でセクハラという言葉すら生ぬるいERO勝負をけしかけられるアニメです。
 とりあえず今週の4話はこんなん。

●リオと姉妹のように育った幼なじみのリナが登場し、ちょっとどうかと思うぐらいに百合百合しいスキンシップを繰り返す二人。
 その様子に目をつけたハワードリゾート社長がまたERO勝負を画策する。

●カジノでディーラーをして働いているリオとリナ。
 いきなり二人の足場が落とし穴よろしくパタンと開き、どこぞへ落下していく。
 もちろん行き先はERO勝負会場なわけですが、ここはいったいどういう施設なのか。

社長「大変ながらくお待たせいたしました…ただいまより禁断の美少女ディーラー対決”セクシーディスクシュート”を開催いたします!」
観客「ヒャーッホーウ!」

●さも当然のようにセクシーディスクシュートなる競技が始められる。
 懇切丁寧な解説によると……クレー射撃を交互に行い、的を外すと射手の服が一枚ずつえらいことになっていくという近年まれに見る画期的なシステム。
 いったいどこの誰ですか、こんなたわけた競技を考えた人は?
 本当にありがとうございます。

 以下、観客たちの喜びの声。

「うおおーっ!」
「最高だぜーハワードリゾート!」
「客たちのハートを鷲掴みだーっ!」
「心憎いサービスに号泣だぞーっ!」


 ここまで観客たちの心情と一体になれるアニメはそうそうないと思います。

●一射目、リオの先行。
 会場には清々しいまでの「は・ず・せ!」コール。
 もちろん俺もテレビの前で参加していました。

 期待を裏切ることなく一つ的を外してしまい、おっぱい部分がえらいことになるリオ。
 会場には謎の強風が吹き荒れており、そのせいで的を外してしまったのだが……。

「さっきまで吹いていなかった風が、なぜ急に……?」
「彼ら(観客)の服を脱がせることを渇望する思いが、ピンク色の風を呼び起こしているのね……!」


 あまりにも言語道断な理屈で大ピンチとなるリオ。

●観客の中に混じって勝負を見守っていた老紳士が突如として男塾的な素敵解説を開始。

「リナという少女、顔に似合わず非情だな」
「えっ?」
「脱衣の順番だ。普通、脱衣ゲームはまず小物からいくものだ。最初から大物をリクエストする……友が恥をかこうとも、勝つために動きを封じたのだ……!」


 非の打ち所のない解説。特に「脱衣ゲームはまず小物からいくもの」という言葉の重みは、スーパーリアル麻雀世代の俺たちにはずしりとした説得力をもって響きます。

●その後、なんだかんだあってゲームは引き分け。
 最終的にあられもない姿になってしまい「私の負けね」と笑うリオ。
 しかし、リオがリナに対して恥ずかしい思いをしないように配慮していたことを知り、リナは自分の負けだと申し出る。
 その際にもえらく小気味いい反応を示す観客たち。

「ナイスゲームだったぞ!」
「さわやかすぎるノーサイドだぜ!」
「勝ちを譲りあうフレンドシップに感動だ!」


 つい先ほどまで脱衣への渇望で強風を巻き起こしていた連中のものとは思えない言葉です。
 とりあえず「さわやかすぎるノーサイドだぜ!」はすべてをなかったことにする便利な言葉として積極的に使っていきたい。


 毎週こんな勢いです。
 頻繁におっぱい分やらケツ分を摂取しないと心臓が停止するような奇病にかかっている人にとっては必須と言ってよいアニメです。
 とにかく肉体疲労時のおっぱい補給に最適というか、ふと人生に疲れたとき「あ、なんか、おっぱい……見たいな」などという欲求に真っ向から応えてくれる男気あふれるアニメと言っても過言ではありません。
 ただまあ、それらに意味を見出せない人にとっては正直まったく観る意味のないアニメですね。良識ある大人としての知性とか理性を保ちたい人には、絶対におすすめできません。

 俺は毎週観ます。欠かさず観ます。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/389-289e7ef4
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY