Dead Space2

2011/02/16

 プレイアジアで注文したDead Space2が、発送から二週間ほど経過してようやく届き、例によってネクロモーフの四肢を切断する作業に勤しんでおりました。
 いやーしかしえらい時間かかったな。届くまで。
 きっとジプシーの吟遊詩人とか流浪の占い師とか、そういう人々の手を伝ってはるばる日本まで届いたのだと思います。
 そんなロマンを胸いっぱいに感じながら四肢切断してました。フル改造したプラズマカッターで。

 前作Dead Spaceは実績をすべて取得するほどにやりこんだわけですが、今回もまたやり込み要素が満載のようで。
 具体的にはハードコアモードという、セーブが3回までに制限されている狂気の難易度が用意されていました。
 突然死のパイオニア、またはゴア死職人との異名をとる主人公のアイザックさん。
 敵の触手に触れれば臓物をぶちまけて死に、体当たりを喰らえばミートくんよろしく五体を四散させて死に、窓ガラスを撃てば宇宙空間に放り出されて死ぬ……かと思いきや隔壁にタイミングよく挟まれて死ぬようなアイザックさんが。
 チュートリアル(操作説明)だろと油断していたゲーム開始直後数秒、呼吸を止めて一秒、真剣な目をしたネクロ野郎どもに容赦なくたかられ死に、悲しみの花で束ねたブーケを受け取るアイザックさん(星屑ロンリネス)がですよ。
 セーブたった3回でゲームクリアしてやるぜとか……正気の沙汰とは思えません。
 この人はどれだけ天狗になっているのですか。
 むしろどれだけインモラル天狗なんだと。
 堀江由衣的にいうところのインモラリストなのかと。

 前作ではストンピングするときとダメージを喰らったときぐらいしか声を出すことのなかった寡黙なアイザックさんですが、今回は「あ、この人、しゃべれたんだ…」と目から鱗が落ちるほどにいろいろしゃべります。
 あとエンディングでしかお披露目しなかったご尊顔も出し惜しみすることなく、ことあるごとにバンバン出します。
 というか、スーツを着用するたび神話級にすさまじいドヤ・フェイスを見せてくれます。
 これがあまりにもイイ顔なので何度見ても飽きがこないな……などと最初は思っていたのですが、後半に「ショップの商品が1割引になる」などという違法な香りのする特殊効果を持つスーツが登場し、ディスカウント大好きっ子の俺としては買い物のたびにそのスーツに着替えざるをえず、そのたびいちいちドヤ・フェイスを見せられたのでいい加減このアイザック野郎のアパレルショーにはうんざりですよ!
 もっと魔法少女みたいにパッパと着替えろやと。

 そんな自己主張が強くなり少々ウザくなったと評判のアイザックさんですが、よくなったところもあります。
 ストンプが速く、そしてリズミカルになっているのです。

 ストンプとは、早い話が「踏みつけ」のことで、地面を這い回る敵を容赦なく踏みつぶしたり、アイテムが入っているコンテナを荒々しい雄叫びとともに踏み割ったりとDead Space世界ではなくてはならないスキルです。
 ボタンを連打すると、まるでM・C・ハマー(ハマちゃま)のようにガニ股で足を踏み鳴らすダンスよろしくテンポ感あふれる軽快なストンピングを繰り出せるのです。
 すげえ。
 前作から3年も寝たきりだったとは思えねえ進化ぶりです。いったいどこでこんな無駄に抜群のリズム感を身につけたのか……。


 そういうわけで、あいかわらず怖くてひどくておもしろいゲームです。
 ヘイ、ユーを全力で怖がらせてやるぜ!むしろ生理的嫌悪感をおぼえさせてやるぜ!という製作スタッフたちの小粋な気概が伝わってきます。
 ゴッド・オブ・ウォーのクレイトスさんばりに死体をアイテム扱いするひどい場面もあります。そもそも攻略法として「そのへんの死体はできるだけ踏みつけて手足を切断しておこう!(※)」とか、ほんとひどい。
 死体の尊厳を文字通り踏みにじるインモラル表現にあふれています。

 ※モモンガみたいなヤツが五体満足の死体に寄生すると、
  とたんにイキイキと動き出してアイザックさんを襲ってくるため

 全編英語ですがwikiの翻訳も充実してるのでそんなに問題を感じず遊べました!
 四肢切断に言葉はいらない。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/391-ede72c4f
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY