アニメじゃない

2011/05/16

 いや、全力でアニメの話ですけれども。

 やたら正式名称が長いアニメ「あの花」が面白いので欠かさず観ています。
 ”あなる”こと安城鳴子が毎回絶妙にだらしないERO可愛さを醸しだしており「ほう……彼女は伸びるよ」などとカイゼル髭をしごきながら視聴していましたが、その他にも見所が多くあり楽しいアニメです。

 それにしてもこの連中、16歳かそこらで悲喜こもごものハードな青春送ってやがりますな。
 俺がそのくらいの年齢のときは、クラスのヒエラルキー的に最底辺に位置するであろうキモい男友達数人が教室の隅っこに集まって赤川次郎とか富野由悠季の小説を回し読みしたり、ダビングしたOVAロードス島戦記を擦り切れるまで視聴したり、ロードス島戦記のカードゲーム「戦乱の覇王」をひたすら遊んでいたりしていました。
(ちなみにこのカードゲームをどこかで見かけた方はご一報ください。マジで)

 あと「賭博破戒録カイジ」「30歳の保健体育」は、とにかく立木文彦のナレーションが面白いというだけの理由で視聴しています。
 とりあえず立木文彦がなにか叫べば面白い、というおそるべき法則に気付いてしまった狡猾なアニメ群です。

 そういう具合でゴールデンウィークはアニメばかり観てました。
 それ以外は……ひたすら呼吸とかしてました……ひたすら吸ったり吐いたり……していました。


【今日のDM(デブメモリー)】
 会社の部下に新しく太った奴が入ってくると客先その他から「弟くん」などと呼称される。
 俺との共通点は男であることと太っていることのみだが、なにが面白いのか執拗に兄弟扱いされる。デブのリーマン諸兄は多かれ少なかれ経験があることと思う。
 デブリーマンはその手の陳腐な言葉を長年言われ続けてきたため耐性ができているので、たいてい愛想良く「アハハ違いますよー」などと笑って受け流すものだが、その裏で深いため息をついていることにいい加減気付いてほしい。

 夏に向けて今度こそ痩せていくため、怒りを減量に代えるために、デブの思い出を可能なかぎりつづっていこうと思います。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/404-efaf645b
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY