BLOOD-尿

2011/10/08

 いろいろ時間がなかったのですが、ようやく新たに始まった番組のアニメをちょくちょく視聴。
 疲れているので、できるだけ脳を使わない「とにかくEROがあればいいんだろ?」という類の頭の悪いアニメを優先的に視聴していく所存。

 とりあえず「僕は友達が少ない」「マケン姫っ!」などを観ましたが、感想(とくに後者)がもう「おぱ……おぱ……おっぱ……あ……あ……!!」などと、フリーザを前にしたクリリン的な呻き声しか出せなくなるほどものでした、としか言いようもなく。

 ギアーズオブウォー的に記せば、そう、なんというか、とにかく出る女の子すべてが次々にデルタ部隊を見せつけてくるというか……ドーンハンマーがオンラインになるというか……俺のピストルがボルトックというか……。
 そういうアニメでした。
 アニメになにか高尚なものを求める人は、けっして触れてはいけない作品です。
 だから――これからも、俺はこの世界を強く生きていける。


 ところで、減量経過をしばらく記してませんでしたが、挫折してません!
 少しずつですが、減ってはいます……。

【体重/体脂肪率】
 92.5kg/25.8%


【DM】
 デブのメモリーじゃないですが……先日、Toooo☆Foool(痛風)の経過を診るため、また病院に行ってきたんですよ。で、例のジャマイカンの専属医に血液と尿検査の結果を告げられました。

「Fantastic! すばらしい。尿酸値ほか、すべてが正常値内だ」

 やった!
 今後も薬は飲み続けなければなりませんが、ひとまず痛風発作の危険は限りなく遠ざかったと言えましょう。
 ですが、ジャマイカンは、続けてこう告げました。

「But,しかし……尿に潜血が見られた。尿・In・The・Bloodだな」

 俺は自分の耳を疑いました。
 なっ……。
 Blood……だと……?
 俺の尿にBloodがInしているだと?

「必殺技っぽく言うと《Bloody尿》だな」

 うるせえ!
 血尿なんてものは格闘漫画の世界だけの話だと思っていたのに……。
 ショックを受ける俺に、ジャマイカンは頭上にかかげた両手を振り下ろしながら言いました。

「この紹介状をもって、泌尿器科のある病院に行ってくるんだ」

 そういう次第で、近日中に病院の泌尿器科に行ってきます。
 とめどなく泌する尿の器……それをつかさどるという、見果てぬ聖地へと……。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/441-47da5b07
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY