夏色キセキ

2012/06/05

 うっかりすると更新が滞りがちなブログもはなはだしいわけで、最近観ているアニメの話を無理矢理していこうと思います。

 ここ最近俺が欠かさず観ているアニメといえば東京MXでやってる「北斗の拳」と「夏色キセキ」ですよ。

 北斗の拳。
 もはや説明不要ですが、何度観てもおもしろいアニメですよ。
 オープニングが流れるだけで血がたぎります。
 色とりどりの頭をした世紀末チンピラが光る血液をほとばしらせながら死ぬのを眺めたり、バイクに乗ったゴッドアーミーの先遣隊がウィリー走行で老婆を轢き殺そうとしているのを見てハラハラしているうちに時が過ぎてゆきます。
 落ち着く。
 冒頭の「199X年、世界は核の炎に包まれた……!」という銀河万丈のナレーションが流れるだけで、脳内におけるアルファー波の出力が感じられるほどに落ち着きます。
 むしろ安らぎと言ってよいでしょう。
 毎回毎回、チンピラたちの声を田中秀幸、戸谷公次、郷里大輔、千葉繁といった錚々たる豪華声優陣が演じているのもたまりません。
 仕事で疲れた心に沁みるような、まさに安らぎの時間です。


 さて、そういうわけで「夏色キセキ」の話ですが、こう、ひたすらイイ話がつづく良作品ですよ。
 女子中学生4人の友情を描いた一夏の青春物語なわけですが、笑いあり涙あり歌あり踊りあり百合ありお風呂シーンありという、派手ではないのですが豪華なアニメです。
 なんというか、あらゆる場面がキラキラしています。
 思わず自分の中学生時代に思いを馳せてしまうことうけ合いです。
 俺の中学生時代の思い出…………。
 あー、うーん…………精通…………ぐらいですか。

 それはともかく、この作品にはちょっとした不思議がありまして、それがなんでも願いを叶えてくれる「御石様(おいしさま)」の存在です。
 この御石様、おそろしいまでのスナック感覚でホイホイ願いを叶えてくれます。
 以下、御石様によって叶えられた主な願いごと(うろおぼえ)です。

 ●4人で空を飛ぶ
 ●夏海と紗季を磁石のようにくっつける
 ●夏海が2人に分身する
 ●優香と紗季の身体が入れ替わる
 ●紗季が透明人間になる

……という、ほとんど新手のスタンド使いの攻撃のような効果を伴っており、毎度毎度たいへんなことになるわけですが、そこからいい具合に友情を深める展開に持っていくのがすばらしいところです。
 一見するとはちゃめちゃな現象ですが、最後には彼女たちの潜在的な願いをきっちり叶えてくれるという心憎さ。

 あと声優陣が豪華ですね。
 今をときめく声優ユニット「スフィア」がヒロイン4人を演じているわけですが、これはすごいことですよ。
 寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生が揃い踏みのアニメですよ。
 これはすごい。
 往年のアニメファンにわかりやすく例えると、田中秀幸、戸谷公次、郷里大輔、千葉繁の4人が同時に出演しているようなものです。
 書いていていまいち本当にすごいのかどうかわからなくなってきましたが、とにかくすごい。

 なお、女子中学生である夏海や紗季の入浴シーンや着替えシーンがことあるごとに挿入され、まるで紳士たる我々の性対象年齢を試すかのようなアニメであるということも特筆しておきたいです。
 そんなシーンの数々を「きちんと身体を洗うんだよ…」「お腹を出して…まったくおてんばな娘だね」「ふふ、心も身体もまだまだ発展途上かな…」などと生ぬるい父性でもって清く鑑賞するのが「夏色キセキ」の正しい楽しみ方だと思いますが、最新話に出てきた民宿の娘が中2らしからぬ巨乳であることに動揺をおぼえる今日このごろです。

 このアニメはどこまでシビアに俺たちの性対象年齢を問おうというのか……。
 今季放映アニメきっての問題作……と、俺の中ではそう捉えています。



 あと、同人サークル「randam_butter」ですが夏のコミケに受かりました。
 小説「バブルピース」の完全版を出すべく、がんばりっております。
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/459-02552d7e
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY