「てるみな」を読んで

2013/04/23

 あのV林田卿(てるみなおじさん)が鉄道コラムを寄稿しているというkashmir先生のてるみなを読みました。
 粘土ゲーム「バルバロッサ」においてパンタグラフ(電車の屋根についてるアレ)を作成して皆の顰蹙をかったV林田卿が寄稿しているというので、表紙だけ見て「ははーん猫耳少女が無闇にマニアックな鉄道の列車に乗って旅情をかもし出す漫画だな?」などと安易な予想をして読んでいましたが、そんな浅はかさを吹っ飛ばすほどの衝撃を受けたので紹介したいです。

 第一話のタイトルは「特急 高尾山 行き」
 主人公の少女ミナに突然猫耳が生えてしまい、お払いのため天狗の住む山・高尾山に赴く……という流れから話は始まります。
 おっ、高尾山はちょうど少し前に行って登って来たなーなどと思って頁をめくっていると「……あれっ?」と首をひねること数回。なんかこれ、俺が知ってる高尾山じゃないような……。
 完全なフィクションかというとそうでもなく、どこまでが本当でどこまでが虚構なのか判別のつかないV林田氏の鉄道コラムもあいまって、朴訥とした雰囲気ながらも幽玄きわまりない世界が繰り広げられます。
 この漫画のすごいところは背景にしれっと死や腐敗を彷彿とさせるグロいものや、妖艶で退廃的なEROいものが描かれているところです。ミナはそれらの異形がひしめく空間をこともなげに歩き、ほんわかと旅をするのですが……そのアンバランスさ加減がまた、読み手の酩酊を誘います。あれ……気がつけば、なんかおかしな世界に迷い込んでしまってないか俺……的な。
 ちなみに本の帯には「今日もゆるりと乗り鉄中(ハートマーク)」などと書かれていますが、これは突っ込んでいい部分だと、最後まで読んでから思いました。いや、ゆるりと乗り鉄してないかというと、けっしてそうでもないわけですが……。

 ひたすら素直で可愛い猫耳少女が、やたらポップで諧謔味あふれる死と退廃に満ち、どこまでも悪夢めいた不思議な街を、ゆるっと鉄道で巡る……こう書くと支離滅裂ですが、混沌とした様々な要素がこれ以上なく自然に調和している世界は、読んでいるだけですごく楽しいです。
 それでいて俺のように特別に猫耳や鉄道が好きじゃなくても楽しめる、とても懐の深い漫画と言えましょう。
 kashmir先生が昔から同人誌やブログで描かれているダークでデス的なアレが好きな人も、そうでない人にも幅広くおすすめできる作品。
 ありがとうkashmir先生……ありがとうV林田(てるみなおじさん)氏……!

関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/485-65526c2a
この記事へのトラックバック


RECENT ENTRY