新プレステ2

2005/10/23

 先日天に召されたプレイステーション2の代わりを、さっそく買ってきた。
 例の薄くて小さい新型を。

 第一印象。
 小ッ!
 小さ!!
 話には聞いていたし、現物を店頭で見たりもしていたが、あらためて見るとマジ小せえ。小型化にもほどがある。以前までの機種のジャンボさ加減はいったいなんだったのかと。
 X-BOXの体積の4分の1ぐらいしかないんじゃないかコレ。なんだか無性に、X-BOXに対して問い詰めたくなる。キミはいったい、コレの4倍もの体積があるのに何をやっているのかねと。
 これだけ小さいと、実は電気で動いてるんじゃなくて、中に小人さんが入って動かしてるんじゃないかと勘ぐりたくなる。そんなわけはないのだが、しばしプレステ内部の小人たちが描画処理を頑張ったり、ディスクを手回しで回転させたりしてるさまを想像し、しばし癒される。

 あと、とても静か。
 耳を澄ますとディスクが回る音が聞こえる程度。
 ただ、熱はけっこう持つ。1年と持たず壊れそうな予感は否めない。

 あと気づいたのが、添付のコントローラ(デュアルショック2)の材質。
 今まで使ってた旧プレステ2のコントローラって、表面に多少光沢があって、ボタンまわりの手触りが滑らかなんだけど、新プレステ2に付いてるヤツは、モロに全部プラスチックの手触りで、使うとかなり違和感をおぼえた。我慢できないこともないが、気になってしょうがなかったので、コントローラは古いのを使用している。

 さらに気になる点をあげるとすれば、聞いていたとおり電源がでかいことと、電源を完全にオフできないことぐらいか。他はおおむね良好。
 ゲームディスクもきちんと読み込むし。って、ゲーム機としてはごく普通のことが、やたらありがたく感じるのが悲しい。

 さっそくバーンアウトリベンジやってますよ。
 一般車のカマを掘りまくるのは楽しいのだが、何かもの足りない。
 そう、アレが無くなっているのだ。
 DJ・RYUの脱力系おもしろトークが……。
 前作をプレイした人誰もが、あのトークを聞いたとたん「キモい」「ウザい」「イタい」といったマイナス感情を抱きがちだったとは思うが、無くなってみれば、それはそれでさびしい。

 いちおうチュートリアルには、説明音声が女性の声で入っている。
 雰囲気的には、なんというか、そう雌豹。

 「渋滞なんて嫌いでしょ…? ブッ飛ばせば良いのよ。バーンアウト流でネ……」

 「スタートのタイミングを間違うと、エンジンブローやスロースタートになってしまうわ。無様ね……」

 「そうそう、ボンネットに仕込んでおいたわ。クラッシュブレイカー。R2ボタンで大爆発よ……」

 せめて、この雌豹姐さんが毎回物騒なことをしゃべるモードをつけてほしかった。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/51-a0adb1fb
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRY