FC2ブログ

ゲーム三昧の日々

タイトルは「いつか……そうなったらいいよね……ははっ……」という俺のささやかな願望あるいは祈りであり、現実とはなんの関係もありません。今週も休日出勤です。もうお金とかいいから休みをください。今だに取得できていない夏休みをください。むしろお金を払うのでどうか休ませてくださいという心境になっており、気がつけば労働と対価の概念を根本から揺るがす末法の世が訪れているような気がします。

気がつけばもはや1月も終わり、うかうかしているうちに短い2月も終わるのでしょう。そうして、わーもう一年のうちの六分の一が過ぎちまったよおー、という類の焦りを毎年恒例のように感じるのだと思います。どうでもいいですが深夜の駅のホームで吐瀉物を見かけることで「ああ、もう金曜日なのか……」と感じるような生活はもういい加減にやめたい。

そうこうして、平日は数時間ほどしか滞在できない家にいて猫と戯れているとなにもする気がおきなくなり、笑ゥせぇるすまんのナマケモノ回のようなオチになりそうなので無理やりブログを更新してみる次第です。

今、すさまじい売れ行きで話題のモンスターハンターワールドを遊んでいます。
遠い昔……PS2時代にちょっとだけプレイしたことがある程度なので、右も左もわからぬ完全なる初心者ですが……かなり楽しめています。キノコ集めるのに50分まるまる費やしたりしてますが。(時間が経過すると同じ場所で採取できることに気づかなかった)
フロムゲーに慣れすぎたせいか攻撃しようとしてうっかりR1ボタンを押しがちです。ポーチの中身をいっぱいにしたまま次のクエストに進んでしまい素材を拾えず悲しい思いをしたり、罠にかかったモンスターに捕獲玉を食らわそうとして道具を選択している間に逃げられたりと、優雅なかけだしハンターライフを送っています。

ただ、うっかりキャラメイクで容姿をものすごい老人にしてしまったので、なんというか……微妙にいたたまれない感があります。受付嬢とかに元気よく「相棒!」とか呼ばれるとモヤっとしますし、調査団リーダー(若いイケメン)と会話するときの「デキる年下の上司に使われている」感は半端ないです。物語の都合上、たいした実績もないのになぜか同期のハンターを代表して調査団の重要な会議の場に呼ばれがちなのですが、どうしても「年長者なので気を使われているのか……?」という疑念をおぼえてしまうありさま。
そんなしがらみも、フィールドに出て狩りとなれば一切関係ありません。オンラインプレイで狩猟クエストを達成したときの、ゆきずりのハンターたちが黙々とボスの死骸から素材を剥ぎ取っている、あの殺伐とした時間がたまらなく好きです。
関連記事