しょっぱいアニメ

2006/05/16

 巷でいろいろヤバいと噂のアニメ「MUSASHI-GUN道-」を観てみたんですよ。GyaOで。

 第一話を視聴してみての感想。
 しょっぱいですよ。
 ええ、これはまっことしょっぱいアニメですわ。
 御坊茶魔っぽく言うところの容赦なくしょっぱかアニメとぶゎい。
 なんというかこう……つまらないとか面白いとかそんな次元をはるかに超越したしょっぱさです。最近の深夜アニメはしょっぺえアニメが多いのう、などと思っていましたが、「MUSASHI-GUN道-」を視聴した後では、それら全てがほのかに甘く感じられるほどです。
 今なら全てを許せます。
 スーパーサイヤ人4の存在とかも許せます。

 いや、本当ですって。すげえんだって!
 とりあえずOPだけでも騙されたと思って見てくださいよ。何か政治的意図があるのか単なる手抜きなのかある種の演出なのかはまったく不明ですが絵の動きがやたら不自然な上に、PCエンジン時代のアニメパートを彷彿とさせる豪快な止め絵ぶり。
 本編は本編で、山の風景をまんまスキャンして貼り付けたっぽい違和感ただよう背景。
 数秒ごとにキャラが輪廻転生してるかのごとく安定しない作画。
 そして、かのモンキーパンチが原作で構想十数年とか、聞くに堪えないアオリ文句がしょっぱすぎて死ぬ。
 あんさん、ワテにいったいどれだけ塩分とらす気ィや。

 もはやしょっぱさを通り越してむしろニガい。
 ニガい……ニガいよう……。こんな激ニガアニメ、初めてだよう。
 え? これって……俺の胃液……? ひょっとして俺の胃液じゃね……?
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://randamhexa.blog5.fc2.com/tb.php/88-30cdabcf
    この記事へのトラックバック


    RECENT ENTRY