スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しむな俺の闘志――「DARK SOULS」

2011/11/08

 こちらのレビュー記事を読んで、PS3「DARK SOULS」を遊んでいる。
 これが、個人的に数年来類を見ないほどにかなり強烈なゲーム体験だったゆえ、所感を書き留めておきたい。

 このゲームは、剣と魔法の世界を舞台にしている。
 それもとりわけ暗く重厚な世界観に彩られた、いわゆるダークファンタジーという奴だ。
 主人公は謎の理由で死ねない体となった「不死人」で、この世界ではそういった不死人たちは忌み嫌われ、不死院と呼ばれる辺境の建物に収容される。
 不死院の牢の中でミイラのように朽ちかけていた主人公の元に、何者かによって牢の鍵が投げ込まれるところから物語ははじまる。

 なお、ジャンル的にはアクションRPGに分類される。
 だが、敵を倒して経験値を積んでいけば必ず先にすすめる……という類のゲームでは、ない。
 体力や筋力などのレベルアップ要素はあるが、それだけでは足りない。
 このゲームは、プレイヤーのスキルを極限まで求める。
 巷で言われているように、この「DARK SOULS」は、文字通り「死ぬほど」難しい。

 具体的には、まず敵が強い。
 もっとも弱い亡者兵士が相手でも、複数で攻められるとあっさり死ぬ。
 騎士クラスの敵の場合はパリィ(盾によるはじき返し)からのカウンターで即死攻撃を狙ってきたりと、油断ならない。どんな戦闘も基本的にすべて命がけである。

 中ボスクラスの敵であっても、一撃で即死は当たり前のレベル。
 事前にレベルアップして体力をアップさせていようが、ちょっとぐらい良い鎧を装備していようが、まったく関係なく平等に仲良く死ねる。

 エリアのボス級であれば、初見ではなにが起こったのかわからないぐらい気持ちよく死ねる。橋の上を歩いていたら頭上から炎に焼かれて死亡だとか、扉を抜けた途端に超巨大な武器を振り下ろされて死亡だとかは日常茶飯事である。

 そして何よりきついのが、死んだときのペナルティであろう。
 死ぬと、直前の焚き火(休憩場所みたいなところ)に戻され、経験値でもあり通貨でもある「ソウル」をすべて失う。さらに貴重な「人間性」というパラメータをすべて失い、亡者に逆戻りしてしまう。(亡者の状態だと、協力プレイができないなどのデメリットがある)

 いちおう、死亡地点にもう一度行けばソウルと人間性を取り戻せるのだが、その前にうっかり再び死亡してしまうと、完全にそれらは消失してしまう。
 やらかしてみるとわかるが、これは本当にきつい。
 これまでの苦労が水の泡になる瞬間であり、まさに心の折れる音が聞こえる思いだ。

 これほどまでに鬼のような難易度を誇る「DARK SOULS」だが、そのプレイ感覚はすこぶるすばらしい。まさに悪魔的と言ってもいいぐらいだ。
 武器の持ち替えや道具の使用など、若干複雑ではあるが慣れれば快適極まりない操作性。
 ほとんど読み込みの無いなめらかなゲーム進行。
 そしてなにより、その作りこまれた世界の美しさに圧倒される。
 オープンワールドで継ぎ目なく構成された「DARK SOULS」の世界は、ちょっとした恐怖をおぼえるほどに荘厳かつ広大で、めくるめく謎と危険に満ちている。
 静止画のスクリーンショットで見ても十分綺麗だが、実際にプレイしてみると胸を打たれるほどに美しいと思えるはずだ。おそらく常に死と隣り合わせの世界だからこそ、いっそう美しく感じるのだろう。

 プレイヤーである自分自身が上達しレベルアップすることによって、絶対に勝てないと思った強大な敵を打ち倒したときの喜び。その先にある未知の世界に足を踏み入れる興奮。
 この味を知ってしまうと、もう「DARK SOULS」はやめられなくなる。
 
 何十時間かプレイしたが、まだまだ先は長く、強大な敵と絶望は限りなく襲ってくる。
 しかし、ゲームを開始した当初と比べると、自分自身のスキルは格段に上がっている。
 未知の敵に相対した場合であっても、

  ●敵の武器はなにか? どちらの手に持っていて、間合いはどれぐらいか?
  ●敵のパワーはどれぐらいか? 攻撃は盾で受けるべきか、回避すべきか?
  ●通路の広さは? 刺突と斬撃、どちらが有効か?

 などといった情報を総合し判断して戦えるようになる。無意識にそういうことをやっているのに気づくと、ああ熟達したなーと感じる。
 逆に「ヤバい、これは勝てない」という判断も適切にできるので、一時撤退したり、遠くから飛び道具で攻撃したり、慎重に誘き出して攻撃したりといった策を練って戦うこともできる。
 というか、そういったことをすべて全力でやらなければ……「DARK SOULS」の世界では、一歩たりとも前へ進めないのだ。

 いつしかカジュアルなゲームプレイに慣れていた自分にとって、「DARK SOULS」で発見した喜びと楽しさは、ちょっとした衝撃だった。
 正直、誰にでも気軽におすすめできるゲームではないが、少しでも興味をもったらプレイしてみたほうが良いと思う。あまりの挫折と絶望の多さに後悔するかもしれないが、それを乗り越える喜びと楽しさをずっと知らずにいるよりはましだろう。

 あと完全な余談とネタばれだけど、とある場所で出会う女神様はものすごくEROい。そこへ行き着くまでの苦難も相まって、個人的ゲーム史上屈指の極限的なERO要素を感じた。
 その神々しさすら感じさせるエロスにより、近年の森里螢一のごとくいっさいの性欲を吸い取られ解脱の域に達するかと思ったほどだ。
 この女神様を拝むためだけでも、プレイする価値はある。


 ちなみに前作「Demon's Souls」は未プレイなのだが、特に支障や問題は感じない。これはこれでもっと早く遊んでおけばよかったと思うので、「DARK SOULS」クリア後に改めてきちんと遊ぼうと思う。

ロロナのアトリエ

2011/06/22

 なにやら第三作目も出ることだし、ここらでひとつ俺も錬金術を極めて柔らかい石を精製し、人形(オートマータ)に命を吹き込んだり梁師父を再登場させたりするべくロロナのアトリエを購入。

 主人公であるところの錬金術師の卵・ロロナさん(14)の境遇がわりとひどくて泣く。
 錬金術のアトリエに住み込みで働いているのですが、その理由が

  昔、病気で死にかけた両親を助けてもらったときの借金を返すため

 というわりと深刻な事情によるものなのでした。
 しかし、その両親は現在いたって元気はつらつで、ロロナを置いて夫婦水いらずの長期旅行に出かけたりする始末。
 そんな余裕があるなら借金返してあげてくれよ!

 あまつさえ旅行のお土産と称して大量の「獣のしかばね」とかをロロナに買ってきたりしてました。
 (錬金術の素材)

「ロロナ、こういうの好きだろ?」

 ロロナさんは頑張ってほしい、と強く思う。

 両親に頼らずとも、彼女には親しい友人が何人かいて一緒に冒険を手伝ってくれます。
 しかし(シリーズ恒例の話ですが)仲間を連れていくと、しれっとお金を取られます。
 友人の依頼をこなすと友好値がアップし、少しずつ雇用額が値引きされる冷徹なシステムです。
 これぞ錬金術の原則、等価交換というものなのでしょう。
 アーランドはシビアな世界です。いろいろと。


【減量状況付け足し】
 98.4kg/27.6%
 よーし頑張れる。
 飲み会とか外食に気をつければこのままいける。はず。

【今日のめし】
 朝:オールブラン+コーンフレーク+豆乳 400kcal
 昼:日替弁当(和風ハンバーグ) 600kcal
 夜:野菜+春雨スープ 250kcal

 最近、胃が小さくなったのか、なにか食べるとすぐに満腹になり、かつ満腹感が持続するようになってきました。

【今日のDM】
 付け焼刃の腹筋運動をこなしてから寝ます。

クリミナルガールズ

2011/03/30

 あー、なんかEROいゲームをやりてえな。

 ときめきメモリアルをプレイした吉田戦車氏が言うところの「ちんちんがほてってしょうがない」状態になりたくなり、おもむろにPSPのクリミナルガールズなるゲームを購入しました。

 一癖も二癖もあるギャルズたちを育てて地獄からの脱出を図るというゲームなのですが、ジャンル名が「少女おしおきRPG」などとあり、所持しているだけで異常な性的嗜好の持ち主と判断されかねない危険なアイテムです。

 どういうゲームか端的に紹介します。
 セーブポイントに行ってキャンプ画面を開くと

  REST(休息)
  SAVE(セーブ)

 という感じのおなじみのコマンド群に混ざって

  PUNISH

 というものが、さも当然のように存在します。
 PUNISHすなわち「おしおき」であり、虎眼流的に言うところの仕置でございます。
 おそるおそるそのコマンド……PUNISHを選んでみると、ずらりと仕置メニューが表示されます。
 具体的には堂々と「スパンキング」というコマンドが出てきます。
 よもや家庭用ゲーム機のRPGでこんな語句を目にすることがあろうとは……!

 で、スパンキングを選択すると、タイミングよくボタンを押して女の子の尻を叩く(うまく叩くとEROいイラストが少しずつ見えてくる)という、おそろしく頭の悪いミニゲームが始まります。
 けっして……俺自身はけっして女の子を叩いて悦に入るような趣味などはないのですが、そうしないと彼女たちは「たたかう」とか基本的なコマンドすらおぼえてくれないのでスパンキングせざるを得ません。
 スパンクせざるを得ない。
 スパンク スパンク 大好きよ……といにしえのアニメソングをうつろに口走りながら心を鬼にして女の子の尻を殴打する作業にひたすら没頭するしかない。

 ちなみに仕置を遂行するためには、敵を倒して得られるOP(おしおきポイント)が必要です。
 OPはたまに宝箱の中にも入っており、ショップで通貨の役割も果たす万能のポイントです。具体的にはいったいどういうものなのだろうと疑問は尽きませんがとにかく仕置をするため……ひいては女の子たちを成長させるためにせっせとOPを稼ぎ、スパンキングに励む日々です。

 フロアを牛耳っている中ボスを倒すと、なぜか電撃棒やら謎の液体やらが地面に落ちており、それを拾った主人公が「この質感……これは新たなおしおきに使えそうだぞ」などというエポック感溢れる言葉を発し、PUNISHメニューがよりクリエイティブに充実していくという仕組みです。
 現在おぼえたおしおきは「スパンキング」「電気パッチン」「ぬるぬる調教」です。
 最後のものはうっかり「調教」などとストレートに表記してしまっており、いろいろと言い逃れできない感が満点です。

 こんなふうに書くとアホなゲームのように思えてしまうかもしれませんが、いや実際かなりアホなのですが、中身自体はかなり硬派な感じで、敵との戦闘などはかなりシビアなバランスです。
 女の子たちの個性(スキル)をきちんと活かして戦わないと先に進めないため、自然とスキルを習得するためのおしおきにも力が入り、結果ちんちんがほてっていくという素晴らしいサイクルを形成しています。

 PSPなのにこんなにもEROくておもしろいゲームを出してくれてありがとう。
 感謝の気持ちでいっぱいです。

龍が如く見参!

2010/06/03

 今年もはや6月であり、英語でいえばJuneですね。
 読みは「ジューン」ですが、なんとなく液体というか水っぽさがどことなく気にくわないので、いっそ勢い良く「デューン!」とかにすればよいと思いました。砂の惑星。

 5月を振り返ってみれば、まあ、とりたてて凄まじい出来事も特になく……強いて英語でいうならばMayでした。
 ところで「メイ」という言葉を聞くと、

「んんメェィちゃぁーン」

 などと「となりのトトロ」において行方不明になったメイを探すおばあちゃんのモノマネをするスーパーログを思い出します。
 なお、彼はほかにも以下のような豊富なモノマネのレパートリーを持っています。

 ●ドラゴンボールのチャオズ
 ●武田鉄矢
 ●エディ・マーフィー(下條アトムの吹き替え)
 ●アムロ・レイ
 ●クワトロ・バジーナ

 恐ろしいことに彼のモノマネはどれもがすべて同じように聞こえるため、似ているとか似ていないとか、そういう些事を完全に超越した別次元のモノマネ世界を垣間見ることができます。


 そんなことはともかく、ここ最近は龍が如く見参!を遊んでおりました。
 なにを思ったのか突然時代劇になり、桐生さんが素知らぬ顔で宮本武蔵になっているというすごい設定でしたが、やはり基本は変わらぬいつもの「龍が如く」であり、安心して楽しむことができました。

 神室町ならぬ祇園の街を歩いていれば街のチンピラが因縁をつけて桐生さんに殴りかかってきます。
 それを一蹴(というか、刀で斬り捨て)すると、「えろうすんませんでした」などと頭を下げながらはした金をくれるいつものシステムも健在です。
 EROい店に行くと破廉恥なお姉さんがあやしげなマッサージをしてくれるというアレは、「滝行で煩悩を払う」などというミニゲームに置き換えられました。
 具体的には、背景で淫猥に踊り狂うインリン・オブ・ジョイトイを傍目にビートマニア的なリズムゲームを延々とプレイさせられるのでした。
 ほんと、くだらねえこと考えやがって。最高です。

 あらゆる揉め事を腕力で解決できる点も、いつもどおりです。
 とりあえず悪そうな奴を殴っておけば万事うまくいきます。
 一番難しかったのは「カステラの材料を集めてくれ」という依頼で、正直ラスボス倒すよりも苦労しました。

 あと、鍛冶屋で合成して作れる武器の種類がえらく豊富で、俺は主に七支刀を使っていました。
 物語終盤、佐々木小次郎との決闘においても、「二天一流、宮本武蔵!」などと威勢よく名乗りをあげながら空気を読まず威力の高い鬼の金棒でガンガン殴っていたので、いろいろと台無しになったような気がしないでもないです。

 最後は幕府転覆を目論む南光坊天海の大軍団に一人で立ち向かい、「宮本武蔵が日本を救ったのだ」などという画期的すぎる史観をぶちあげてのエンディングであり、どこまでも果てしなく「龍が如く」でございました。
 正直、時代劇ってどうよ、などと思ってプレイし損ねていたんですが、シリーズの例に漏れず贅沢でいろいろてんこ盛りの楽しいゲームでした。


 近々、最新作の龍が如く4もプレイする予定です。

アルトネリコさん#2

2010/03/16

 「脱がし上手は戦闘上手!」

 などという狂った文言が踊るチュートリアルでおなじみのアルトネリコ3ですが、とうとう噂のフィンネルさん脱糞イベントに遭遇。
 すげえ……。
 マジだ。
 マジでDPですよ……すなわちMDPですよ。

 「だってこれ、精神世界だから」というエクスキューズを狡猾に最大限利用したコスモスフィアイベントは、家庭用ゲーム機におけるめくるめく桃源郷といっても過言ではありません。
 あと、コスモスフィア内でここぞとばかりに変態性を発揮させられる医者先生(光五条)にも涙を禁じ得ません。
 こんな人格者、アルトネリコシリーズ通してもなかなかいませんよ。
 それなのに、あまりに扱いがひどすぎやしねえか。
……と気の毒に思っていたのですが、超必殺技を使ったところなぜか褌一丁になる生粋のどっきりドクターであることが判明。

 それどころか主人公のアオトさえも、超必殺技を使うとすごい勢いでパンツ一丁になるのでした。
 あまつさえそれでトドメをさすとリザルト画面でとてつもなく爽やかな笑みを浮かべるのでした。パンツ一丁で。

 その後の会話イベントで仲間が「貴公はなぜ脱いだのか」と問うたところ、アオトからは以下のような回答が返ってきました。

「あー、あれは熱くなっちまったんだよ」

 熱くなった。
 それが――ただそれだけが理由なのでした。
 それを聞いたフィンネルは、ただうなずき、納得するのでした。
 男が服を脱ぐのに深い理由はいらない。
 つまりは、そういうことなのでしょう。

 また、同様の問いに対し、アルトネリコ界きってのアブノーマル医師としての地位を不動のものとした光五条先生は照れ笑いを浮かべながら次のように語りました。

「必殺技というのはね、体が熱くなるものらしい。もうとにかく脱がずにはいられなくなったんだ」

 そんなわけでアルトネリコ3の戦闘は、男女問わず白熱すればするほどメンバーがなんのかの理由をつけて服を脱いでいくという限りなくラテンきわまりないシステムを搭載しており、終始生ぬるい性の衝動に悩まされながらプレイすることが可能です。これは楽しい。


 今現在、懐かしの妹キャラが登場したあたりまで進めました。
 まだまだ先は長そうです。

 ところでシリーズ恒例のダイキリティ挿入イベントはないのでしょうか。
 ダイキリティというのは、レーヴァテイルの延命に必要なクリスタルのことでして、ていの良いオブラートに包んでいますが誰がどう考えてもぶっちゃけ陰茎と同義であり、ヒロインの命を救うためなんだから仕方ないよねという免罪符を得つつ「あっ…痛いよ…」「やさしく入れて…」などといった最大限のEROを享受できるというすばらしいものです。

 あと今作から追加されたシステムとして「詩魔法のプログラム」があります。
 簡単にいえば高度な魔法をプログラムするためには服を脱いでもらう必要があるという、またしてもやむを得ない事情が複雑に交錯した至高のシステムです。
 仕方なく我らが主人公アオトは、ヒロインにプレゼントを贈って「なあ、頼むよ……もう一枚だけ……な、な? ええやろ……ええやろ、なあ……」という感じで必死に拝み倒して服を脱いでいただくのでした。
 とりあえず手持ちのアイテムが「生肉」しかなかったのでそれを大量に与えたところ、それでも律儀に肉を食い、さらに脱いでくれました。
 ほんと、ええ娘が揃っとりまっせえ……アルトネリコ3の世界には……。



【おまけ】
 その昔randam_butterで発行したキミキス本(絶版)の一部をペーパーとして公開いたしましたー。
「最近のペーパー」からどうぞ。
 次の夏コミまで更新が途絶えてしまうのもなんなので、定期的になにか催していきたいですのう。

アルトネリコさん

2010/03/12

 PS3のアルトネリコ3をきちんと予約して買っていたのですが、今さら、ようやっとちまちま始めました。
 ここ最近微妙に忙しく、陰茎のいじり方すら忘れるほどの状況でしたから、前作をそれなりにプレイしていたわりに「3」についてはさっぱりと前情報を仕入れておらず、新システムやストーリーはもちろん、誰がヒロインなのかもわからないありさまです。
 とりあえずパッケージを眺めると「世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く」などとサブタイトルにあり、むやみに危機感が高まります。

 なんだと……少女たちが……?
 いったいどうなってしまうというのだ、世界は……。


 そんなこんなでゲームを始めました。
 主人公「アオト」の職業はとび職らしく、いつ「べらぼうめ」または「てやんでえ」などと言い出しやしないか気が気ではありませんでしたが、そのような暑苦しい発言は特になく、淡々と偶然出会った美少女の危機を救ったりしておりました。
 救った少女はおなじみのレーヴァテイルでありヒロインの「咲(Saki)」でした。

 サキなどという古風な(あるいは今風な)名前のヒロインでしたので、いつ「何の因果か」または「マッポの手先」などと言い出しやしないか気が気ではありませんでしたが、特にそのような泥臭い発言もなく、持ち前の詩魔法でアオトたちを助けるのでした。
 しかし初めての詩魔法戦闘で、咲がこんなことをのたまい、俺は驚嘆しました。

「レーヴァテイルの詩魔法は、肌を大気にさらす面積が大きいほど威力が高まるんです」
   ↓
「だからあたし、脱ぎます」
   ↓
「今は恥ずかしいからここまでだけど、いずれ仲良くなったら……フフ、坊や、わかるでしょ?」

 それは美事(みごと)な理論でした。
 じゃあ仕方ない。仕方ねえよ。
 けっして淫らな下心など持ち合わせていない俺ですが、強い魔法を使うために服を脱がなければならないのならばやむを得まい。
 まるでメキシコ人のようにコントローラを上下に振って、特に苦戦するような戦いでなくとも、とりあえず咲の服を脱がす(パージする)しかありませんでした。

 ちなみに「服を脱ぐと詩魔法が強くなる」などという言語道断な設定はシリーズ通してプレイしてきた俺にも完全に初耳なのですがもちろん黙って許容するのがアルトネリコファンの度量の広さというもの。
 むしろ「なんで今まで誰も考えつかなかったんだろう」と首をひねってしまうほどに自然な設定とすら思えます。
 ゲームの設定とシステムの見事な融合――これはルームメイト麻美における鼻血ブーシステム以来の画期的な発明と言っても過言ではありません。
 これは実にエポックです。
 エポックきわまりねえよ。

 でもぶっちゃけ、戦闘そのものは今までのシリーズのほうが面白かったな……と感じつつ進めていると、洞窟の中でツンデレ少女に出会いました。
 第二のヒロイン「フィンネル」さんでした。
 フィンネル。
 すごい名前です。
 おそらくフィン・ファンネルを略してフィンネルであろうことは間違いなく、いつ川村万梨阿の声で「アンタ、セコイよ」などと罵ってシャアに寝返ったり、エンディングテーマにビヨンドザタイム(TMネットワーク)が流れだすのかと気が気ではなかったのですが、幸いにもそのようなニュータイパーではなかったらしく気前よくアオトに初ダイブをさせてくれるよい娘でした。

 シリーズ慣例に従えば、いずれ咲とフィンネルのどちらかを選ばなければいけないわけで、実に悩ましい限りです。
 映画「バトルランナー」の観客ふうに言うところの「ダイナモも捨てがたいんだけどバズソーも去年のチャンピオンだし……決められないよお!」であり、できることなら二人まとめてお相手したいのはやまやまなのですが、そうもいくまいな。ままならない人生に歯噛みすることしきりです。
 また前作「2」のときみたいに「この泥棒猫!」的な感じでヒロイン同士が罵り合ったりするんだろうか……あれは本気で精神的なダメージを負ったのですが……。


RECENT ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。